電信蘭

ダメな日々のできごとなどをイラスト日記で記録してます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングです
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オールド少女漫画の系統 

休日は古い少女漫画読んでます。
やっぱり昔の少女漫画はいいですね。心が洗われます。
恋愛漫画なのにチューもないんだよ、キュンキュンです。

そういや最近、同い年のマンガ好き女子と話してて気がついたが、
オールド少女漫画ファンは、いくつか派閥が分かれているように思う。


□りぼん派

 →ときめきトゥナイト、有閑倶楽部、ちびまるこちゃんなど。
  超王道少女漫画で、クセのある作品がほとんどない。
  さくらももこ、矢沢あい、岡田あーみんを輩出した80年代はすごいと思う。
  ここにあの弓月光が執筆してたのは、いま思えば奇跡。

□マーガレット派

 →多田かおる、くらもちふさこ、岩館真理子など、
  ちょっと繊細なセンスのある作品が多いように思う。
  後期はホットロードの紡木たくや、いくえみ綾などが有名です。
  んでさらに大人になった読者はコーラスに移動させる戦略が見られた。

□花とゆめ(白泉社)派

 →古くはスケバン刑事、ガラスの仮面、パタリロ!などが有名、
  他にも川原泉や佐々木倫子など、少女漫画の域を超える作品が多い。
  というか、柴田昌弘とかもう少女漫画じゃないと思う。大好きだけど。

□少女コミック派

 →萩尾望都や竹宮惠子、吉田秋生などBLの基礎を作った。
  しかーし篠原千絵やいがらしゆみこなど独自路線も満載。
  ここはBL系と最近のエロ路線とそれ以外で細分化されるように思う。
  どうでもいいが、楳図かずおの「洗礼」も少コミらしい…覚えてない…

□プリンセス派

 →王家の紋章、悪魔の花嫁、エロイカより愛をこめてなど長編多し。
  P.Aの赤石路代も確かここで作品出してたと思う。
  キャラクターの目が大きく、長髪の男子が多いのも特徴。

□なかよし派

 →古くは高階良子やたかなししずえ、曽祢まさこや松本洋子が有名。
  一時あさぎり夕など少女漫画路線だったが、その後セーラームーンで
  低年齢層のアニメ化を意識した路線になったような気がする。



まとめてみましたが、思いつくままに書いたので間違ってるかもです。
私はりぼん+別マ+なかよし(コミックス限定)ですね。
少女コミックとか白泉社系は超有名作しか読んでないので、
派閥が違うとぜんぜん話が噛み合いません。

派閥が違くてもいいので、少女漫画について語り合いたいのですが、
ほんと周囲に少女漫画読んでた人があまりいません。
男子に比べて、やっぱり女子の漫画人口は少ないのかなぁ…。
寂しい。


スポンサーサイト

人気ブログランキングです
[ 2007/02/19 21:32 ] マンガ | TB(3) | CM(2)
往年の少女マンガ家の名が連なっているのを見ただけで、もうタニニさんと仲良くなったような気になりました。
ギギギ
[ 2007/02/22 23:53 ] [ 編集 ]
ギギギ の時点でシンパシーを感じます。
[ 2007/02/23 00:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://denshinran.blog87.fc2.com/tb.php/24-9db30e44

少女漫画少女漫画(しょうじょまんが)とは、少女雑誌に掲載されるなど、主たる読者として若年の女性を想定した漫画。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL
りぼん「りぼん」は、集英社発行の月刊少女漫画雑誌。1955年8月創刊。英字表記は「RIBON」。(「RIBBON」ではない。)2005年8月に創刊50周年を迎えた。概要*「なかよし」(講談社発行)、「ちゃお」(小学館発行)と並ぶ、三大小中学生向け少女漫画雑誌の
[2007/03/23 03:29] 萌香のブログ
エロイカより愛をこめて『エロイカより愛をこめて』(えろいかよりあいをこめて)は、青池保子の漫画作品。1976年から秋田書店の少女漫画漫画雑誌|雑誌「プリンセス」に長期連載されている作品である。(一時中断あり)この作品のヒットにより、主人公の一人と同名のドイツ
プロフィール

谷本(タニニ)

Author:谷本(タニニ)
アヒルとやどかり好きの30代です。

カテゴリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。